いくつになっても女子は女子

健太と桐島くん。

追う恋追われる恋の両方を楽しんでる最中、女子会が開催されたの。高校時代の仲良し4人組。
今回はメンバーの1人、百合さんが海外勤務から一時帰国したからおかえりパーティー。

フランス帰りだから会場はフレンチレストラン。笑

恋バナに関してはしばらく聞き役が続いていた私だけど、今回は桐島くんと健太の近況報告をしたの。
矢継ぎ早に質問が飛んでくる。

「健太にいけない理由は?」

「え〜、私のこと好きか確信が持てなーい」

「桐島くんは何がダメなの?」

「う〜ん、なんかときめきが足りなーい」

私が紅茶のカップをくるくる回しながら話すと、各々の意見が飛び交った。

「みなみは〝ときめきた〜い♡〟とか言ってるからダメなんだよ。   恋愛に大事なのはときめきじゃなくて安心感。私は桐島くんがいいと思うな〜」

4人の中で唯一の既婚者。夏樹がデザートをつつきながらそう話せば…

「ときめかない相手といて楽しい?私は健太推し」
「桐島くんを逃しても、次なんてすぐ見つかるわよ」

口紅を塗り直しながら話すのは魔性系美女。フランス帰りの百合さん。今はフランスで出会ったアメリカ人の彼氏と遠距離恋愛中。

「え、でももったいなくない?言ってみたら?ときめきたいって笑」
「すっごい隠し球もってるかもよ?」

様子見案を出す珠ちゃんはこの中で1番の清純派。結婚するならお見合いって決めてるみたい。ポットの紅茶を手慣れた様子で注ぐ。

見事に分かれた親友たちのアドバイス。

みんなの意見が違うから楽しいんだけどね笑

そんなアドバイスを受けて私が出した結論は

「時間が経てば、自分の気持ちもはっきりする気がするのよね。だからちょっと様子見てみようかな」

なーんて、悠長な答え。

だって恋って楽しいんだもん。
すぐに答えを出しちゃったらもったいないじゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です